Home > ブログ > 早期診断・治療

早期診断・治療

普段、痛みや何かしらの症状がないと、なかなか歯医者には行きません。
当院でも圧倒的にそういう方が多いので、痛みが出た後のデメリットを、いくつかまとめてみました。

  • 治療回数が増える
  • 治療費が増える
  • 神経をとらなくてはならなくなる
  • 歯の寿命が短くなる
  • 歯を失う場合がある
  • かみ合わせが悪くなり、顎関節症や肩こりがおこる
  • 十分な摂食ができないため、全身疾患を引き起こす
  • 歯周病菌による、感染症を引き起こす

などです。

たとえ口の中の事だけとは言っても、摂食は全身と深く関与してるので、歯は重要な役割を果たしているのです。(痛みが出てしまってからだと、あらゆる面で“損”をします!)
また治療を途中で中断すると、後から治療しても治りづらくなったり、ひどい時は抜かなければならなくなってしまいます。
成人の歯は一生で一度しか生えてこないので、早めの診断と治療が非常に大切です。

ちょっとおかしいなと感じたら、早めに受診するようにしましょう。
                                         

Home > ブログ > 早期診断・治療

メタ情報

Return to page top